読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

決めた

文鳥

はじめに

突然だが、僕は文鳥が好きだ。
好きすぎてたまらない。

f:id:lunacism107:20131024212606j:plain

離れてると、文鳥たちが今何をしているか、寒くないか、暑くないか、
腹をすかせていないか、水切れを起こしていないか、
水浴び用の水は足りているか、
気になって仕方がない。

なので、文鳥が今何をしているか、見守ることができる装置を作ることにした。

なにをしたいか(どうやって実現するか)

f:id:lunacism107:20141107010902p:plain

文鳥の活動を検出する

Arduinoを使って、位置センサを接続。
かごの中にいる文鳥の動きを軌跡として表示する。
赤外線距離センサーとエクセルVBAを用いた物体、生体の運動記録。ArduinoとエクセルVBAの通信

またはRaspberryPiに位置センサをつなぐ

Raspberry Pi で測距センサ GP2Y0E03 を使う: technology memo

Raspberry-Piに距離測定モジュールを接続 - YouTube

リアルタイムにわかるのはもちろん、1時間の累計、1日の累計なんかも見れるといいね。

文鳥動画をストリーミング配信する

Webカメラでストリーミング配信する。接続すると、LED照明がつく。

文鳥に水をやる

Webでクリックすると、給水器底部の栓が抜け、古い水が下のタンクに流れ込む。
代わりに上部の水タンクから新しい水が来る。(市販のペット自動給水器なんかを参考)
フェールセーフとして、旧来の水飲み器も残しておく。

文鳥に餌をやる

Webでクリックすると、ブロワーで古い餌を吹き飛ばし、新しい餌が流れこむ。
フェールセーフとして、旧来の餌も残しておく。

追記:新しい餌の流れ込み部分は、この形式が役に立ちそう。
David Bryan's Blog | Raspberry Pi Power Cat Feeder – Updates


文鳥の機嫌がわかる

文鳥の声から、出たがってるか、唄ってるか、喧嘩をしているかを判別する。

まず何からするか

文鳥動画をストリーミング配信からやるのがよさそう。Webアプリの知識が必要
測距センサの実装は楽しそう。組み込みデバイスの知識が必要
機嫌センサは機械学習とか音声認識の知識が必要

無謀そうだけど、1つづつ分解してやっていけばきっと出来るはず!



そのうちGitHubに公開します。

GitHub アカウントの作成方法: ある SE のつぶやき

OCJ-P対策

クラスの継承関係あたりをメモ。

package sun.text;

public class InheritanceExercise {

	String salute = "Hello";

	public static void main(String[] args) {
		A a = new A();
		B b = new B();
		C c = new C();
		E e = new E();
		// コンパイル時にわかる継承関係に無いクラスはエラーになる
		// System.out.println(a instanceof B);
		System.out.println(c instanceof B);
		System.out.println(e instanceof D);

		// staticメソッドから、インスタンス変数にアクセスできない
		// System.out.println("Salute :" + salute);
		// インスタンスを作ってからアクセスすれば可
		System.out.println("Salute :" + new InheritanceExercise().salute);
	}

}

/*
 * 継承関係にあるクラスの判定
 */
class A {
}

class B {
}

class C extends B {
}

/*
 * インターフェースの実装の練習
 */
interface D {
	// int a;
	// 変数は、暗黙的にpublic static final(これだけが許可)
	// abstract int a = 0;
	int a = 0;

	// メソッドは、暗黙的にpublic abstract(これだけが許可)
	// メソッド定義{}を書くとエラーになる
	// void A(){};
	void A();
}

class E implements D {
	// final変数になるので、値の変更はできない
	// a = 2;
	int b = a;

	// interfaceはpublicなので 可視性を下げることはできない
	// protected void A(){}

	public void A() {
	}
}

/*
 * 同じメソッド名、変数をもつインターフェースを継承したケース
 */
// インターフェースはインターフェースを継承できる
interface D2 extends D {
	int a = 1;

	void A();
}

class E2 implements D, D2 {
	// インターフェース変数は、重複はだめ。
	// static変数なので、<インターフェース名>.変数名
	// int b = a;
	int b = D2.a;

	// メソッドは重複OK!なぜなら、空実装だから。
	@Override
	public void A() {
	}
}

/*
 * 抽象クラスの実装の練習
 */
abstract class F {
	// 抽象メソッドでなければ、メソッド定義{}を書かないとエラーになる
	// void A();

	// 抽象メソッドでなければ、実装クラスに実装を強制しない
	void A() {
	}

	// 逆に、抽象メソッドではメソッド定義を書くとエラー。
	// 最後にセミコロンが必要!
	abstract protected void B();

}

class G extends F {
	@Override
	// protectedより厳しくできない
	// void B() {
	public void B() {
	}
}